ふーむ。困ったことが起きた。

先日、このブログを立ち上げてから、PHPに関するエントリを書いてきた。
その中には、サンプルコードもいくつか含まれる。
サンプルコードの多くは、自分自身が実際にシステム構築にあたって過去に使ってきたものがほとんどだ。

だが、そのまんまの形で掲載しても使えない。
自分用にまたそのシステム用に使っていたものなので汎用性に欠ける部分があるからだ。

だから、ブログにサンプルコードとして掲載するものは、ここに掲載するためだけにわざわざコードを書き直し、実行し、テストし、それから掲載している。

サンプルコードをブログに掲載するという行為は、それなりに責任を伴うものだと自覚している。
googleで検索して、見つかったサンプルコードを何も検証せずに、そのままコピーして使う人が多すぎる。
(私見です。自分の周りにそういう”プロ”が多いだけです。)

本当に検証せずにコピーして使う人が”多すぎる”かどうかはともかく、ゼロじゃないことだけは間違ってないと思う。
だから、いい加減なコードは掲載できないし、するべきじゃない。

とはいえ、そんなことを言ってしまえば、コードを掲載することができなくなってしまう。

そこで、やっと本題なんですけど・・・

私にできることとして、とりあえず、
1.コードを書く → 2.実行する → 3.期待する結果になるかテストする
ここまでは当然として、
4.書いたコードを最適化する方法、不備がないか、情報を集める
という行動を経て、
5.再度テスト → 6.ブログに掲載
と、やってる。

で、タイトルの困ったことが起きたのは、4番。
いつものように、サンプルコードに関連する情報を集めていると、PHPの欠点[to-R] こんな記事が目に飛び込んできた。
あーそういえば、そんなこと言ってたな~ と思いつつ。。。
一応、当時のニュース(RSS)で見ていたけど、忘れてた。
で、改めて、当時は読んでいなかった他者さんの記事なんかも読み返してみたり。

ふーむ。。。ふーむふむふむ。

いや、まぁそうなんだけど。
PHPの欠点(直して欲しいとこ)なんて、いくらでも出てくる。
PHPを知れば知るほど、PHPを使っている人自身が誰よりも知ってることだと思う。

まぁそれはいいとして、問題はこのブログをこのままPHPの話で進めていこうか、どうするかってこと。
続けるかどうか、ちょっと迷った。
別にPHPじゃなくたって、ネタは無くならない。
JAVAでもいいし、javascriptでも、linuxでもいい、最近始めた c/c++ もメモ代わりにまとめておきたいとも思ってる。

でも、やっぱり一通り終るまではPHPの話題を続けていくかな~って結論。
PHPの言語仕様は中の人がうまくやってくれないとどうしようもないけど、PHPで問題になるようなことは使う側である程度コントロールできるってことも事実だし。
こういう論議があるからこそ、逆にそう言われないための”何か”をしていかなきゃいけないよな~と思ったから。

広告