タイムアタック

タイトル「タイムアタック」の意味は、
・ちょっと新しいサイト作るんで、ブログの更新ができなくなりそう
です。

ということで・・・
タイムアタックをしようと思う。

既にスタートしてしまっているんだけど、スタートは、9月4日。
平日は会社に行っている。
帰宅後や休日は、友人やその他もろもろの付き合いなどで、自宅PCを触れないことが多い。
就寝直前の1時間とかなら触れるけど、これだけの時間では、メールチェック、ニュースチェック、その他サイトをうろうろしているとあっという間に経ってしまう。たまにブログを書いたりもする。

本日、9月7日。
スタートから、新しいサイト構築のために費やした時間は、約12時間。
そのうち、日曜日である今日だけで、約10時間。
昨日、土曜日が約1時間。
そのまえの金曜日は、0時間。
サイトを作ろうと思い立った木曜日が1時間程度。

このペースで進めていくと、いつ完成するのか?

まぁ時間がないのはいいとして、そんなことよりも・・・

このサイトをどれだけの時間で作ることができるか?

なんだよね。

時間が無制限にあれば、誰だって素晴らしいものは作れる。
だけどそうじゃなく、それだけのクオリティのものを、どれだけ早くつくれるか?
だよね。

クオリティの高いものを作る。
ということは、将来的に仕様変更や修正などを抑えることが可能になる。

まぁ企業目線で考えると、クオリティの低いバグバグなものを納品して、
仕様変更を繰り返してお金を稼ぐってのもアリなんかもしれないけど。

って話がズレタ。。ん?ずれてない?

まぁ、自分のサイトを作るってことは、
発注者 → 自分自身
仕様策定権限者 → 自分自身
プログラミング → 自分自身
ってなわけだ。

今、作ろうとしているサイトの、すべての権限は我が手に。。。

発注者が自分自身なわけだから、当たり前なんだけど、クオリティの高いものを作る。
妥協しないし、手を抜かない。
そのうえで、短期間で完成させる。

で、今、タイムアタック中。
はてさて、完成するのはいつのことやらら。

あっ、そうそう。
私のプログラミングは独学なんです。
プログラムのことを全く知らなかった10年前に、自分はプログラムができないから業者に作ってもらおうかって真剣に考えていたことがあるんですよ。

でも、頼みませんでした。
いいかげんなプログラム(※1)を書かれて、高額な代金を取られる(※2)のがイヤだったから。
まぁこのへんが、私がプログラムを覚えようとしたキッカケだったりもします。

※1 今風な例だと、HTMLが構造化されていないとか、クロスブラウザじゃないとか・・
※2 ってかそんなお金もなかったけど

広告