6年ぶりの再会と出会い。

24歳の時に結婚した友人がいる。

高1の時、同じクラスで出会った。
高2,3は、違うクラスになった。

それでも高校時代はいつも一緒だった。
部活での友人を除くと、高校時代に一番長く一緒にいたのが彼だ。

高校を卒業したあともたまに会ったりしてた。

そんな彼が、24歳の時に結婚した。
それからというもの、お互いに連絡をとりあっていなかった。

特に理由はない。
なんとなく電話がしづらかっただけ。

そんな彼から、1ヶ月ほど前、電話があった。
そして昨日、約束どおり、彼の家にお邪魔して呑んできた。

本当はもう1人、同級生が来る予定だった。
だけど、仕事の都合で来れなかったらしい。

代わりに、私の知らない別の友人を呼んでいた。

彼はいつもそうだ。高校のときからそうだ。
私と遊んでいるところに、私の知らない友人を連れてくる。
そういうのを気にしないらしい。

3人で呑んでいて、0時頃、彼はダウンした。(寝た)

取り残される私と、もう一人。
ちなみに一歳下の男ですが・・・。
初めて会った見知らぬ者同士。

何気なく思いついたことを話してみる。
そして、相手の言葉をよく聞いてみる。

とあるキーワードが彼の口から発せられる。
それに飛びつく私。

「その単語を知っているということは・・・やんね!」
と。

つながってく。話がつながっていきすぎる。

それから明け方5時頃まで、盛り上がった。

私の持てる引き出しを全部出してばら撒いた。
彼はそれを見事にキャッチしていく。
私も、彼の投げるボールをキャッチして投げ返す。

時間が惜しい。
いつまでも時間の許す限り話し続けていたいと思った。

本当に色々な話をした。
ゲーム、車、スポーツ、ドライブ、パソコン、音楽、楽器、恋話、時事ネタ、経済、仕事・・・など、どんな話を振ってもつながっていく。

明け方、ジュースしか飲んでいなかった彼は帰っていった。
連絡先の交換はしなかった。
もう二度と会うことはないかもしれない。
それで良いと思った。

・・・といっても、望めばいつでも、友人を介して連絡は取れるのだろうけど。

広告