そうしましょう。

「そうしましょう」

「OK。それでいきましょう。」

「それでお願いしましょう。」


なんとなく好きなフレーズ。

なんていうか、ほら、
「あなたに任せてるよ」感があるじゃん。
「信頼しているよ」感があるじゃん。

責任をとるのは私。
プランを考えたのはあなた。

いいよ、いいよ。それでやっちゃいなよ。

失敗したって大丈夫!
私が恥をかけば、それで済むんだからさ!

あなたが考えたプランなんでしょ。
うまく行くに決まってるじゃない!

そんな意味が込められた一言。

「そうしましょう」

そっけなく言うのがポイント。

「そうしましょう」

何も考えてないように言うのがポイント。

「そうしましょう」

だけどね。
ちゃんと見てるよ。読んでるよ。

今は時間がないけど、あなたがいないところで後から読むよ。

でもね。
読まなくたって分かることもあるんだよ。

あなたが作ったプランだから。
完成度の高い資料になっていることは分かるんだ。

私が質問しそうなことは、あらかじめ下調べをしておいて、答えを用意しているんでしょ?
進行していくうえで、予見される問題についての対処法も、既にシミュレートしちゃってるんでしょ?

どうなのよ。言ってみなさいよ!!

ほら。
私が、Goサイン出すことに何の不服があるわけ?
そっけないのは、あなたのせいよ。

・・・・・・・
すみません。。。
最後のシメ、ちょっと悪ノリしてたら、可笑しなキャラになっちゃったorz

とりあえずお互いに絶対的な信用があるからこそ、なりたつ会話なのだということで。。。
「そうしましょう」

広告