[あれ]で通じる関係。

「それ取って」
「あれ知ってる?」
「あれってどうなったっけ?」

こんな言葉を皆さん使いませんか?

そもそも、「あれ」ってなに?
「それ」ってなに?

「主語をきちんと言えーー」ってね。

だけどさぁ
通じちゃうことあるよね。

「あれ」としか言っていないのに、「あれ」が何を指しているのか通じちゃうとき。

「昨日のあれ見た?」
「あーあれね。見た見た。○○のことやろーー」
「そうそう、あれメッチャおもろいよね。」

ってさ。

同じことを、別の人に言っても通じない。

「昨日のあれ見た?」
「あれ?あれって何??」

ってね。

この違いが何かって、やっぱ付き合いの深さなんかなーー
言い換えると、お互いがお互いのことを分かりきっている。
「あれ」で通じるってことも分かりきっている。

その人が、どんなTVが好きか、どんな趣味を持ってるか、普段どんな生活をしているか?
そういうことを、お互いにたくさん話しを重ねてきているから、「あれ」の一言で足りる。
相手は数ある候補の中から、適切な「あれ」を脳内でピックアップできる。

家族でって言えば、多くの人は、こんな関係を築いているんじゃないかなー?
いや、人んちのことは分からないけど。

だけど、他人・・・それは、友人とか恋人とか仕事仲間とか・・・
こういう他人達の中に、「あれ」で通じるような関係の人がいるとしたらそれは貴重だと思う。
だって、それは一朝一夕には築けないでしょ。

・・・ってまぁここまで書きながら、↑の文に私自身が突っ込みどころ満載なわけだけど、それは好意的に解釈してね(笑)

広告