怠け者でメンドクサガリになろう!

なぜなら私が怠け者でメンドクサガリだからね。

例えば料理。自炊してる人。

ご飯は多めに炊いてタッパに入れて冷凍。
野菜は適当な大きさに切って冷凍。
夕ご飯の残りは次の日の朝食やお弁当に。

毎食毎食、ゼロから野菜切ってご飯炊いてとかってしないよね。

例えば、掃除。
私はどちらかというとキレイ好き。
でも、掃除に時間はかけない。

なぜなら掃除をしやすい「部屋」を作るから。
そもそも手が届かない、手が入らない、そんなスペースを作らない。
部屋の中がシンプルであればあるほど掃除は早く終わるし、整理整頓しなくても整理整頓されてる。

ところでみんな、家電は好き?
家電を買うとさ、説明書って付いてくるじゃん。

あれね、究極の怠惰。

メーカーの人が、使い方を教えてくれないんだよ。
説明書を読めば分かるって言うんだよ。

メーカーは、社員が説明する代わりに「紙に説明」させてるわけ。

あとね、料理人さん、作家さん、作曲家さんとか・・・

レシピを、本を、楽譜を、作って配ってる。
受け取った側は、作った本人に教えを請わなくても、それらを読めば作り手の意図が読める。
作った本人がいちいち教える必要がない。
だって、そんなことやってられないじゃん。
対象の人数が増えれば増えるほどに。

さいきん私は、親しくなった人に、webna(私のブログ)を伝えるようにしている。
webnaには、私の頭の中のことが書かれている。
そう、このエントリーのように。

また、aultaなギャラリー(私の写真ブログ)を見せたりもする。
これを読むと、私が普段どのような遊びをしているか分かる。

私が相手の方に、全部しゃべって伝えなくとも、これらを読んで頂ければ私のことが分かるようになっている。

逆に、ブログや日記を書いている人がいれば、その方と直接話しをしなくとも、その方のことがよく理解できる。
お互いがお互いの都合の良い時間に、読みたいだけ読んでしまえば、それで良い。

テーマは「1回だけ」。
そう「1回」

1回だけ「やる」のか?
それとも、
1回だけ「自分の分身を作る」のか?

この違い。

1回だけだから”やる”って選択肢もあるけど、それは絶対に確実に未来永劫、1回しかやる必要がないのか?
そうでなければ、別の手段を1回だけやるほうが、将来的において圧倒的にコストが小さくなる。

私は怠け者でメンドクサガリだから、1回だけ自分の分身を作る。

広告