「168」この数字って何?

今日も1日お仕事お疲れ様です。
有意義な1日を送れましたか?

「168」
この数字は、24 x 7 = 168 ・・・つまり1週間の時間です。

そう。
1週間ってたったの168時間しかありません。
これを長いと見るか短いと見るか、あなたの印象はどちらでしたか?

ちょっと計算してみましょう。

まず、睡眠時間。若いからっていっても一睡もしないわけにはいきませんよね。
1日あたり6時間寝ると仮定します。
6 x 7 = 42時間。
残り、168 – 42 = 126時間。

月~金、8時間を会社に費やすとします。
そして、昼休憩1時間、往復の通勤片道20分と前後10分の出退勤誤差を加えます。
(8 + 1 + (0.2 + 0.2 + 0.1 + 0.1)) * 5日 = 50時間。

残り、126 – 50 = 76時間。

夕飯の支度食事片付け、それと、お風呂で2時間と仮定します。
2 * 7 = 14時間。

残り、76 – 14 = 62時間。

62時間というと、7日で割ると、1日あたり、8.9時間になりますね。
でも、ここには落とし穴があります。

会社で過ごす時間を月~金で仮定したため土日が抜けています。
土日の昼の時間、9 x 2日を考慮すると、

(62 – 18) / 7 = 6.28

・・・

あれれーー
試算していくと、最初に言おうと思ってたこととなんかズレてくるなぁ。
妙に時間が余るのは、隙間時間を省略してるからかな。

19時に帰宅して、0時に寝るって考えると、夜の部で5時間でしょ。

そうそう、朝の部の計算が入ってないよね。
朝起きて、出勤するまでにどのくらい時間使ってる?

1週間 = 168時間って初めて知った時は、
「えっ!こんなに少ないの!!」ってビックリしたんだけどなー。

実際、体感的な1週間だってあっという間だし。

でも、試算しなおしてみると、1日あたりでそれなりに長い時間は、自分のことだけに使える時間が確保されてるよねー。

ってかまぁ、月金40時間労働って計算に入れてる時点で、現実的じゃない数字かもしれないけど。。。

広告

1 個のコメント