僕は臆病者。

ちょっと詩を書いてみました。

– – – – – – – – – –

こわい。

こわい。こわい。こわい。

とてもこわい。

何がって、すべてがこわい。

日本の将来がこわい。
財政破綻におびえて暮らしてる。

こわい。こわい。こわい。

自分の老後がこわい。
年金は蜃気楼だと信じてる。

こわい。こわい。こわい。

突然襲ってくる病。
どこにそんな貯蓄があるんだろう。

こわい。こわい。こわい。

会社に忠誠を誓ったサラリーマン。
いまはリストラにおびえてる。

こわい。こわい。こわい。

上がらない給料。
ボーナスなんて所詮、棒とナス。

こわい。こわい。こわい。

僕は臆病者。

そんなこわい世界なんてまっぴらゴメンだ。

僕は臆病者。

世界の隅っこでコワイと叫ぶことなんてできない。

僕は臆病者。

もう人に頼ることは終わりにするよ。

だから僕は会社を作るんだよ。

そう、僕は臆病者だから。

– – – – – – – – – –

以上です。
ありがとうございました。

えーーっと、まー、なんていうか・・・
途中から詩っぽくなったというか、勢いがついちゃったというか、筆が勝手に進んだというか、後半は本音のような本音でないような勢いで書いてます。

でも、読み返してみても大筋で言いたいことは言えてるかなと思います。

あえて言うなら、もっと「こわい理由」を羅列したかったかな。と。

ふぅ。
これだけ「こわい」を連発するとゲシュタルト崩壊しそうになったよ(笑)

広告

1 個のコメント