起業に向けて、ぼちぼち進んでます。

あまり、うれしかったこと、良かったことって言いたくないんだよね。

「良い報告」ってのは、意識しなくてもどうしても誇大になりがち。

「良くない報告」というのは、意識しなくても過小になりがち。

どう?
そう思わない?

上司や社長というのは、良い報告を聞きたいんじゃないんです。
良くない報告のほうを聞きたいんです。

良い報告なんてのは、もうね、ほうっておいたらいいんです。
上手く回っているんだから、任せておけばいいんです。

それよりも、「良くない報告」を何よりも早く知りたがっているんです。
上手くいっていないのだから、早急に対策を考える必要があるんです。
部下に任せているだけじゃダメなんです。
一刻を争うんです。

「良い報告」は、誇大報告で、対策を考える必要はない。

「良くない報告」は、過小報告で、しかも一刻を争う。

あとね、口約束の段階というのは、確定じゃないからキャンセルもあるの。
調子にのってたら、その話しは無かったことになるの。

確定もしてないのに喜ぶってどんなピエロなの?

それから、今回は上手くいっても、次に同じように上手くいくか分からない。

だから、私は「良かったこと・うれしかったこと」を言いたくない。
いつでも気を引き締めておくように意識してる。

前の日記に書いたことあるけど、僕は臆病者だから。

広告