エレベーターに乗って宇宙へ行く日

誰もが一度は思い描いたことがあるんじゃないかな?

どこまでも高い塔を建てて、エレベーターで上がればそこは宇宙だった。

こんな絵空事。
夢のような出来事。

それが現実に変わる瞬間。

それはもうそんなに遠い未来のことじゃないのかもしれない。

日本大学理工学部の青木義男教授は、日本で宇宙エレベータの研究に取り組む中心人物の1人だ。

本日、9月4日の日経ビジネスにて、宇宙エレベーターへの道筋が見えてきたことが紹介されている。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20090902/203923/

今はまだまだ実験段階。解決すべき困難は多く残されているだろう。

しかし!
しかしだっ!

「そんなこと不可能だ」

と言っているんじゃない。

「なんとかなりそうだ」

と言っている。

このセリフが意味するものは、

「時間の問題」

ということ。

人間、誰もが、絶対にできないことは「できない」と言うだろう。

●できるかもしれない。
●なんとかなるかもしれない。
●できるかどうか分からない。
●できないかもしれないがトライしてみる。
●できない可能性のほうが高い。

これらのセリフは「できる」ということと同じ意味。

100%できないなら、「できない」と言う。

何故、悩むのかというと、できるかもしれないからだ。

100回に1回、1000回に1回、10,000回に1回。
何度失敗するか分からないが、それでも「できる」のだ。

できないなら悩まない。悩まずに「できない」と言う。

できるからこそ、悩むのだ。

その悩みは、「やるかやらないか」だ。

悩んだ瞬間、それは「できる」。

あとは、あなたがそれを実行に移すだけ。

とても簡単なこと。

広告