夢の行く末

– – – – –
夢を語るのはもう終わりにしないか?

俺たちももう30歳だ。

そろそろ現実に移すべき時期に来ているのじゃないか?
– – – – –

「ロバート・キヨサキ」がその友人と交わした言葉だ。
うろ覚えだから正確じゃないけど、たぶんこんな意味の言葉だったはず。

当時彼は、年越しを友人と一緒に山小屋で過ごしていた。
スキーを楽しむ為に。
毎年の恒例行事だった。

2人は、将来のこと、夢のことを話し合う仲だった。
それまでにも何度もお互いの夢について語り合っていた。

しかしそれは、語るだけだった。

あなたにも、将来のことや夢のこと、誰かに話をしたことがあると思う。

そんな大げさなことじゃなくっても、
「○○が欲しい」
「○○に行きたい」
「○○をしたい」
「○○になりたい」
「○○と居たい」

こんな言葉を使ったことはないだろうか?

またよくこんな質問を耳にする。
「宝くじが当たったら何する?」
そしたら色んなこと考えるよね。

で、それから現在、あなたの暮らしに何か変化はあっただろうか?
夢が、希望が叶っているだろうか?

もし叶っているのなら、それはどうしてだろうか?
もし叶っていないのなら、それはどうしてだろうか?

ロバートとその友人にとって、その冬はお互いのターニングポイントになっている。

私にとっては”今年”がターニングポイントになるようだ。
偶然が重なった部分もあるが、最後の最後の瀬戸際でそっちに舵を切ったのは私自身だ。

私はもう「会社を作りたい」という夢を口にすることは無くなるだろう。
それが現実になるからだ。

夢は1つ1つ消していくもの。
諦めるっていう消し方もあるけど、それってツマラナイよね。

広告