吉野家(吉牛)で感じたほんの些細で大事なこと。

普段は自炊してて滅多に外食はしないから、吉野家に行くことも滅多にないのだけど、さっき行ってきた。

「牛丼大盛り」を頼む。

水をコップに注ぐ。

携帯電話と車の鍵をテーブルに残し、トイレに行くために席を立つ。

私の感覚では、席に戻るとテーブルには牛丼が置かれていると思ってた。

吉牛に行ったことがある方は分かると思うが、注文してから牛丼が出てくるのが驚くほど早い。

どのくらい早いかっていうと、

1.どんぶりにご飯をよそう。
2.鍋から牛をすくってかける。

以上だ。注文したと同時にでてくるわけだ。

でも、トイレを出て、テーブルを眺めるとまだ到着していない。
私が戻ってきたことを確認して店員が牛丼を持ってきた。

この出来事には少々驚いた。
何気ないことだけど、すごく気が利いている。
さすがだと思った。

『お客様に「ありがとう」の声をかけるタイミングが失われる』

という理由で、券売機を置かない吉野屋の心を見た気がした。

で、実は、もう一つ伝えたいことがあります。
それは明日書きます。

広告