その向こう側に辿りついてみない?

何度も何度も繰り返してきて、飽きるほど繰り返していて、もう頭の中にコピーされちゃってるものってあるよね?

本だとか、歌だとか、趣味でもスポーツでも、どんなものでも当てはまるものはあると思う。

それでさ、「知ってるよ」「分かってるよ」って言うじゃん。
自他共に認めるエキスパートになったとするじゃん。

でも、それウソ。

そんなわけない。

どんなに知り尽くしていたって、

「ある日」

「突然」

「気がつく」

ことってあるんだよね。

しかも気がつこうと思って気がつくんじゃない。

すーーっと、まるで【神様のお告げ】のような感じで舞い降りてくるんだ。

しかもそのひらめきってのがまた、それまでの常識を覆すような・・・少なくとも自分の中の常識を覆すような・・・とんでもない発想。
普段、どんなに頭をひねって考え抜いても出てこないような発想。

それが「突然」現れる。

そんな経験ある??
もしあるなら、キミスゴイ。
応援したくなっちゃう。
そういう人好き。
男女問わずに。

だって、夢中なんでしょ。
夢中にならなきゃ経験できないことだよ。
それを経験してるって素晴らしいじゃない。

なんていうか、サイヤ人。
スーパーサイヤ人。

生身の体で、極限までギリギリに鍛え上げて限界を突破してる。
それでも超えられない壁がある。
どんなに修行をしても超えられない壁。

その壁が、ある日、突然、一瞬にして崩壊する。

その瞬間が楽しい。
とても言い表せない快感。

壁は厚くて高いほうがいい。
薄っぺらい壁を越えたってなんの感動もないけど、ビクともしない巨大な壁が、一瞬で崩れ落ちていく様は本当に感動的。

でも、そこに辿りつくにはまず、壁に出会わないとね。

壁に出会うには・・・

『なにかに夢中にならなきゃ。』

夢中にならなきゃ、壁には会えないよ。

広告