Transfer.php から安全な場所に処理を渡す

前回の記事で、webサイトに来るアクセスは全てTransfer.phpに来るようになりました。

ドキュメントルートの下に、Transfer.php を新規作成します。
/hoge/public_html/Transfer.php
そして、以下のように記述します。

<?php
// webサーバ内で、当該webサイトに割り当てたディレクトリのTOP
define('C_PATH_ROOT', '/hoge/');
// サーバ依存を吸収するコードをロード
include C_PATH_ROOT . 'server_dependence.php';
// Controllerに処理を渡す
include C_PATH_PROGRAM . 'Controller.php';

この例では、 /hoge/ の中に、webサイトに必要な全てのファイルを設置することを前提としています。
/hoge/public_html/ がドキュメントルートです。

【include C_PATH_ROOT . ‘server_dependence.php’;】
ここで、/hoge/server_dependence.php を処理します。
server_dependence.php では、webサーバに依存するパス情報などが定数宣言がされているものとします。

【include C_PATH_PROGRAM . ‘Controller.php’;】
ここで、Controllerである、Controller.phpに処理がわたります。
C_PATH_PROGRAMは、server_dependence.phpにて、絶対パスが定数宣言されているものと考えてください。

Controller.phpに処理が渡ったところで、やっとMVCの入り口であるControllerにたどり着くことが出来ました。

次へ : PHP MVC のディレクトリ構成を考える
前へ : 全てのアクセスを.htaccess でキャッチする